ころ柿の里にて

a0257652_939468.jpg

山梨旅行、秋を彩る風物詩、干し柿を作っていらっしゃる塩山松里地区に立ち寄りました。
ここは、旅行会社さんの撮影ツワーにも組まれる所で、行ってみたいと思っていました。(^^)

a0257652_9391762.jpg

幸い、観光団体さんと会うこともなく、ゆっくり過ごすことができました。(^^)
農家の方たちも、黙々とお仕事をされていました。

a0257652_9392825.jpg

「ころ柿」とは、柿を乾かす時に、まんべんなく太陽があたるように、
ころころと位置を変えることから、その名がつけられたと言われています。
武田信玄の時代から、推奨されてきた製法なのだそうです。

出来上がった干し柿を1個300円で販売していましたので、自宅用と、お土産用に、購入してきました。
帰宅してからいただきましたが、柔らかくて、優しい甘味の美味しい干し柿でした。(^^)

a0257652_9394053.jpg

お庭にいた柴犬ちゃん。
和犬がいる景色も、昔ながらの農家の趣を感じさせます。(^^)

a0257652_9395021.jpg

摘み残っていた柿を青空を背景に撮ってみました。
甲州百目柿という大きな渋柿です。
[PR]
by margueri1 | 2015-11-15 19:00 | scean | Comments(4)
Commented by KONDOH at 2015-11-15 19:42 x
こんばんは。
見事ですねぇ・・・。
ここは渋柿を干して名物としているのですね。
渋柿を干すと何故甘くなるか、思わず調べてしまいました。
渋柿にはシブオールというタンニンの成分が含まれていて、
その成分が唾液に溶けて渋味を感じるそうです。
干すとその成分が不溶性になり、更に干す事によって糖度が増すらしいです。
もしご存知でしたらご容赦ください。m(_ _)m
私、こうした干し柿を食べた事が無いのです。
ころ柿、一度食べてみたいものです。^_^
柴犬ちゃん、可愛いいですね。
青空バックは秋らしさを感じます。
Commented by margueri1 at 2015-11-15 20:52
>KONDOHさん こんばんは。
渋柿を干すと何故甘くなるか、調べてくださってありがとうございます。
柿の渋味がなくなる訳ではなく、唾液に溶けなくなり渋味を感じなくなるのですね。
いつも、勉強させてもらっています。m(__)m
私は、実家に甘柿の木がありますので、甘柿で干し柿ができるのか、調べていましたよ。
やはり甘味が増して、美味しい干し柿ができるそうです。(^^)
ころ柿、美味しかったですよ~♪
ひとつひとつ農家の人たちの手作業で大切に作られる干し柿、
味に愛情もプラスされているように感じました。(^^♪
Commented by iris304 at 2015-11-21 22:07
こんばんは

吊るし柿が素晴らしいアートになっていますね。
風物詩ですね。
見せていただいてありがとうございました。


Commented by margueri1 at 2015-11-22 06:47
>あいりすさん おはようございます。
こちらこそ、見てくださって、ありがとうございます。m(__)m
私もこの景色を見て、「吊るし柿って、こんなに綺麗なんだ~。」って、
感動したのですよ。(^^)
たくさんに並んだオレンジ色が、とても華やかに感じました。(^^)
<< 紅葉の美しいお寺にて 夜の湖畔にて >>